株式会社キャライノベイトは、アロマ・フレグランスアイテムと伝統工芸のコラボレート商品など、香りの新しい提案をしています。

MODERN AGE TOKYO 2



MODERN AGE TOKYO 2

かつてMODERN=最先端と意味して口にする時代があった。

東京・浅草を拠点とする企業とデザイナーが立ち上げたブランド。
それぞれの専門分野を活かした物づくりをしていく中で、現代の東京を浅草を自分たちの尺度で解釈し、東京・浅草から新たな価値を創造・発信していく。
「TOKYO 2」の「2」には(TWO)と(TO)の意味があり、2(TWO)社以上の専門企業が協力して物を創造し、MODERN な物を革の街でもある東京・浅草から世の中へ(TO)発信することを意味している。
MODERN AGE を再構築し、発信しようとする試みの中から生まれたブランドである。

−−−−−−−−−−−−−−−
design by 沢田猛(さわだ たけし) - kamina&C

Web :http://www.kamina-c.com
主な出展は、Milano Salone Satellite、design boom in NYなど。
可愛すぎる椅子『bambi chair』など、触れた人が心を動かすデザインを発信し続けている。

モノはモノ以外の何物でもありません。
しかしそのモノに触れることによって、思わず微笑んだり、癒されたり、時には涙を流したりする。
つまり、心を揺さぶり、新たな感情や行動を起こさせる、そんな何かのきっかけとなるモノづくりを心掛けています。
−−−−−−−−−−−−−−−

■CARD CASE 香りと共に、あなたを伝える

香り(嗅覚)は五感の中で一番記憶に残りやすい。
それは五感の中で唯一脳の記憶する部分に直接刺激を与えるからです。
香りを嗅ぐだけで昔の記憶が無意識に呼び起こされたことはないでしょうか。
このように香りと記憶は密接に関係しているのです。

「相手に自分のことを覚えてもらいたい」という行為の代表的なものの一つに名刺交換があります。
もちろん名刺を渡す状況や背景、または互いの関係性によって程度はあるものの、文字やグラフィックといった記号を羅列しただけの紙一枚では、
自分のことを相手の記憶に残したり、名刺とその人物をリンクしてもらうことは非常に困難です。

オリジナルのサシェ(香り袋)が収納できるポケットを備えた名刺入れです。
名刺に香りが移るようにデザインしているので、名刺を入れておくだけで香り付きの名刺ができます。
サシェの香りに想いのテーマを持たせているので、渡す相手によって香り=想いを変えてみてはいかがでしょうか。
香り=想いを届けるというコンセプトから名刺入れの形をレター型にデザイン。
この名刺入れが、渡す相手の記憶に残るきっかけ作りのお手伝いをさせていただきます。


■SACHET 香りに想いのテーマをのせて

●YOUNG MAN −トロピカルでジューシーなシトラス系の香り−
YMCA(やったね 名刺交換! CHANCE あり)
YMCA(よく嗅いで MY CARD ああ柑橘系のいい香り)
YMCA( よしてよ まだダメ! CHU は 焦らないで)

●ツイてるねノッてるね −心安らぐウッディー&スパイス系の香り−
星の数ほどいる人々の中で、巡り会えるなんてツイてるね。
叶わないと思っていた夢が実現するなんてノッてるね。
コアラに眉毛がツイてるね。
秋の秋刀魚は脂がノッてるね。

●Romantic が止まらない −ドキドキ・ときめくフローラル系の香り−
熱いキッスに焦がれて。Chu-Chu 寂しいね。
鏡の前で、練習。Chu-Chu 虚しいね。
燃えるよなRomantic は誰にも止められない。
溢れるRomantic をsend you !

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

2商品中 1-2商品

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ